スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.03.06 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    国立国会図書館館関西館に行きました。資料を調べるためです。

    0

      JUGEMテーマ:日常

       

      2000年から2009年までの間に、10数回国立国会図書館関西館に行きました。

      この施設は大阪の東北部からの交通の便が良く、
      車では四条畷の北側国道163号を東に行けば一本道で行けます。

       

      また電車では、国道170号を南下して新石切で近鉄電車に乗り換えて、
      生駒で、奈良大和西大寺方面と別れて、で学研奈良登美ヶ丘に行き、
      そこからバスで行く事ができます。

      その場所は京阪名学研都市に属して、広く整備された環境に立地しています。
       

      ( 大阪方面からの経路 )
      地理的位置題

       

      ( 外観 )
      Kansai-kan_of_the_National_Diet_Library_201610a

       

      ( 京阪名学研都市の周辺地図 )
      国立角界図書館関西館map_kansai
       

       

      外観は写真の様に、地上4階で、多くの施設は地下に建設されています。

      外見上は大した施設でないように見えますが、正面入口のドアーから、
      長い階段を下ると、地下2階くらいに受付、エントランスがあり、
      そこからの地下施設は規模も大きく立派なものです。
       

      開館は2002年でまだ新しく、設備、構造的な機能も最新です。

      下の説明にあるように電子図書館としての活動を行っています。
       

      *** 実際に利用するした印書yは ??、利用する利点は ?? ***


      地下2階の閲覧室は広々していて、閲覧希望の図書は受付に言って
      収蔵庫から持ってきて貰う形式です。
       

      その他閲覧室には、棚に収蔵された図書、資料を自由に持ってきて、
      閲覧のための机で、調べることが可能です。
       

      直接閲覧可能な図書内容は、各分野の月刊誌が揃っていて、市街地の
      本屋で買って閲覧する感覚でも利用可能です。
       

      それに、年鑑、アジア諸国の公的出版物など珍しい書籍もそろっています。

      此処を利用する目的で便利なことは、市街地の本屋では高価で購入できない
      特殊なハンドブックなども揃っていることです。
       

      *** 食堂など補助機能について ***
       

      地上の建物の4階にはちょっとした食堂が完備されています。

      パスタ、カレー程度のものは食べられます。

      パン、ジュースなどの売店もあります。
       

      また、リラックスできるリクライニングシートや、頭を休める休憩設備も
      完備されています。
       

      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++
      以下にネットで調べたこの図書館の設置目的などの説明

      ***************************************

      精華町の国立図書館

      国立国会図書館 関西館は、京都府相楽郡精華町にある国立国会図書館の関西本館。
      東京都千代田区永田町に所在する国立国会図書館・東京本館の蔵書収容能力が
      限界に達しつつあるため、高度情報化社会に対応した「電子図書館」の機能をも盛り込み、
      2002年10月に京都府相楽郡精華町の関西文化学術研究都市に開館した。 ウィキペディア

      < ウキペディア >

      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++

      関西館の建設目的

      関西館は、図書館資料の収蔵スペースを長期的に確保し、
      21世紀の高度情報化社会における情報需要に的確に対応するとともに、
      関西地域の大型情報提供施設としての機能を果たすことを目的として計画されました。
      関西館の建設目的は、以下の2点に要約できます。
       

      1. 図書館資料の増加に対応した収蔵書庫の確保

      現在の東京都千代田区永田町にある施設(東京本館)の書庫の総収蔵能力は
      約1,200万冊ですが、資料が年々増加し、平成13年度にはほぼ満杯となりました。
      貴重な資料を有効に活用するためには、
      長期的に書庫スペースを確保することが不可欠です。
      関西館は、こうした所蔵資料の増加に対応する大規模書庫としての役割を担っています。
       

      2. 高度情報化社会に対応した図書館サービスの提供

      情報通信技術の発展やインターネットの出現により多様化し
      複雑化した国民の情報ニーズに応えるため、最新の技術を活用した
      図書館サービスの提供が国立国会図書館に求められています。
      従来の来館中心のサービス方式では、関東地方以外に在住の方々の
      情報要求にお応えするのが難しく、利用者の方々が直接来館しなくても
      遠隔地から国民共有の情報資源に対して容易にアクセスが可能となる、
      いわゆる「非来館型」の利用に適した体制づくりが必要とされています。
      関西館は、これらの要件を満たす「電子図書館」の機能を備えた
      新しいサービスの拠点として活動を行っています。
       

      < 国立国会図書館資料 >
       



      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      運営者情報


      このブログの運営者は30年以上
      ハードウエア―関連のソフトを
      制作したシニア―エンジニア―です。

      時間に余裕ができたので電子機器関連の
      設計、製作のいろいろ情報を
      発信します。

      お役に立てば幸いです。

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM