スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.03.06 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    現代大問題の病気は認知症です、要因は脳機能の低下です。その病理と効果的なサプリは?

    0

      症状 : 頭痛がつらい そんな人のいろいろ原因と対策

      ** 要因

      頭痛にはうわゆる”頭痛もち”の頭痛で
      特にはっきりした現因がないのに
      繰り返し起きる一次性頭痛と、
      何らかの原因で起こる二次性頭痛があります。

      一次性頭痛でっもっとも多いのが緊張性頭痛で
      頭部の血行が悪くなることで起こります。

       

      頭部や首筋が締め付けられるように
      痛むことが特色で、ストレスの多い人、
      長時間パソコン作業をする人に見られます。
       

      次に多いのが扁頭痛で、収縮した脳の血管が
      炎症を起こし腫れて拡張することが原因です。
       

      二次性頭痛を起こす病気には、脳腫瘍、くも膜下出血
      脳出血、脳梗塞など深刻な病気もあります。
       

      ** 改善方法
       

      頭痛持ちの一次性頭痛の場合、蒸しタオルで、
      首や肩の筋肉を緩めたり、ゆったりした入浴や、
      軽いジョギングなどが良いです。
       

      サプリメントは、末梢血管を広げて
      血行を良くするビタミンE、脳内の血流をよくする
      レシチンがおすすめです。
       

      扁頭痛の場合は、血液循環を良くするマグネシューム
      能のエネルギー代謝の欠かせないビタミンB2などが
      予防に効果があります。
       

      症状 : 物忘れが多い

      記憶力や思考力が低下して、日常生活に支障をきたす
      状態を認知症と言います。
       

      記憶力は年齢と共に低下しますが、日時や場所が
      分からなくなったり、食事をしたこと自体
      忘れてしまうのは認知症です。
       

      認知症にはいくつかのタイプがあり、
      最も多いのがアルツハイマー型認知症です。
       

      ** 認知症のタイプは次の4種類です


      この症状の要因によって、
      認知症は4つの種類に分けられます。
       

      1つはアルツハイマー型、
       

      2つ目が脳血管型、
       

      3つ目はレビー小体型、
       

      4つ目が前頭側頭型。
       

      このうちのアルツハイマー型は全体の
      60パーセントを占めるとも言われており、
      特に女性に多いと言われているものです。
       

      原因はアミロイドβペプチド、
      タウタンパク質などの異常なたんぱく質が
      脳に蓄積して、神経細胞の働きが
      低下することが原因です。
       

      ** 改善方法
       

      認知症を改善する、効果的な治療法はまだありません。

      予防や認知症の前段階(軽度認知症)で、
      早期発見することが大事です。
       

      糖尿病や、高血圧、脂質異常症の人は発症確率が
      2倍であるため、これらの生活習慣病を
      改善することが効果的です。
       

      健康食品、サプリメントでも効果のあるものがあります。

      認知症の予防、改善が期待される食品成分は
      クルクミンです。
       

      クルクミンは細胞レベルでアミロイドβペプチドを
      取り除く作用があるという報告があります。
       

      そして、認知症の原因となる、動脈硬化や脳梗塞を
      予防する効果がある、ナットウキナーゼ、
      脳の血流を改善するイチョウ葉エキスやレシチン、
      脳機能を高めるDHAなどが有効です。
       

      < ここからおすすめのサプリのリンクです >


      これ3記憶力をサポートする機能性表示食品
      「オボエール」
      脳の血流を改善し、認知機能の一部
      (記憶力の精度)や、判断の正確さを向上させる
      機能性関与成分「イチョウ葉由来フラボノイド配糖体、
      イチョウ葉由来テルペンラクトン(以下イチョウ葉エキス)」
      配合の機能性表示食品です。
      < チェック >
      記憶力が気になる方に「オボエール」>>詳しくはこちら
       

      ************************

      ** 認知症の病理とうまく向き合う方法の説明

      認知症の人とコミュニケーションをとる場合、
      こちら側の話し方1つで
      相手の機嫌がかなり変わり、
      穏やかになることもあれば、
      反対に怒ってばかりになることもあります。
       

      このため、認知症の特徴を
      最初に掴むことが大事になります。
       

      脳の機能が減退しているため認知症の人は
      自分の気持ちをうまく表現する能力が
      劣化しています。
       

      脳の機能が減退しているため、
      本人も周囲とのコミュニケーションが
      うまく取れないことにいら立っている
      可能性があります。
       

      そのため、まだ周囲とのコミュニケーションが
      未完成の人に対する対応方法を
      応用することが有利です。
       

      そこで、子どもと接するような感覚で
      コミュニケーションをとるくらいの
      気持ちが求められます。
       

      まず心がけることは、
      どんな言葉があったとしても
      いったんそれを受け入れるということです。

      通常のコミュニケーションであれば、
      間違ったことを言ってたとすれば
      それを是正する、否定するといったことを
      して間違いであることを
      伝えることができます。

      しかしこれは健常者に対する場合です。

      認知症の人の場合はこうした是正や否定を
      最初にしてしまうと、疎外されたという
      感情が先に出てしまい、
      その結果取り乱す人が少なくありません。
       

      そのため、明らかに間違っていたとしても、
      まずはそれを受け入れるということが
      大事になります。
       

      オール受容する精神で接することです。

      また、相手の意見を否定し、
      自分の意見を述べても同様のことが
      起こるため、基本的には
      肯定してあげるという気持ちが必要です。
       

      認知症の人とうまくコミュニケーションを
      上手にとっていく方法として、
      認知症の人と近くで話をすることを
      心がけることが有効です。
       

      認知症の人は常に安心を求めています。

      近くで話すことにより、
      ちゃんと扱ってくれているというのも
      相手に伝わります。
       

      遠くからではそうはなりません。

      できる限り、目の前で優しく、
      言葉もゆっくり話すという
      習慣で接することが大事です。
       

      また、話す中身に関しても
      短めにしていくことがおすすめです。
       

      普通は、こういうことになっているから
      これをしてと、こういう状況だから
      こうしてほしいということを伝えます。
       

      しかし、認知症の人は

      すぐに忘れてしまうため、
      なぜそれをしなければいけないのかを
      理解できず、そのことで怒ってしまいます。
       

      やってほしいことを短い言葉で
      伝えるということが求められ、
      とにかく簡潔に話すことが必要です。
       

      粗相をしてしまう認知症の人は多く、
      その際に不安に駆られる人がほとんどです。
       

      そんな時に何をしているのかと
      叱りつけたところでパニックになります。
       

      粗相をしたという事実をすでに忘れており、
      叱られたことだけが印象に残り、
      深く、長く傷つきます。
       

      本人の気持ちをまずは受け止めてあげること、
      つらい気持ちになっていることを感じ、
      その気持ちを肯定してあげることが大切です。

      +++++++++++++++++++++++
       

      ** ここから認知症を予防するサプリメント
                 のおすすめのものの説明です。
       

      老化を遅くしたり、体の色々な部分の
      活性酸素による劣化を抑えたり、
      がん細胞の増加を抑えたりの効果がある
      サプリメントについてご紹介します。
       

      その効果があるサプリメントは、
      カロチノイドが、サプリメントとして
      加工され、販売されたものがあります。
       

      カロチノイドの種類は
      約600ほどもあるといわれています。
       

      サプリメントも、にんじんに含まれている
      ことでも有名なベータカロチン、
      鮭やイクラに含まれるアスタキサンチン、
      トマトに含まれるリコピンなど、
      様々なものがあります。
       

      カロチノイドのサプリメントは
      幾つかの商品がありますが、
      その中でも特に商品名が広まった
      有名なものもいくつかあります。
       

      ベータカロチン系のカロチノイドは、
      抗酸化作用が強く、体を酸化させ老化させる
      要因となっている活性酸素を減少させます。
       

      がんの増加を抑えたり、老化作用を
      食い止めたりという効果があることから、
      注目のサプリメント商品です。
       

      アスタキサンチン系は、βカロチン同様、
      抗酸化効果の強い成分として知られています。
       

      活性酸素を抑える働きがあるので、
      いろいろな病気の予防、血行の促進、
      そして、眼精疲労改善などの働きがあります。
       

      多くのサプリメント商品で
      アスタキサンチンが配合されています。
       

      リコピン系のカロチノイドサプリメントは、
      遺伝子の働きを助け、
      細胞のがん化を未然に防ぎます。
       

      いろいろな病気の元である
      悪玉コレステロールを抑制して、
      血管を強くすることで血栓や
      動脈硬化の予防に効果があります。
       

      どのカロチノイドを摂取すると、
      自分の健康に効果があるかを
      検討してサプリメントを選ぶことが大事です。
       

      カロチノイドサプリメントの種類は豊富なので、
      成分や材料をしっかり確認して購入することは
      特に大切です。
      ++++++++++++++++++++++


      現代の高齢化社会に大問題の病気は認知症です。その病理と効果的なサプリは?

      0

        症状 : 頭痛がつらい そんな人のいろいろ原因と対策

        ** 要因

        頭痛にはうわゆる”頭痛もち”の頭痛で
        特にはっきりした現因がないのに
        繰り返し起きる一次性頭痛と、
        何らかの原因で起こる二次性頭痛があります。

        一次性頭痛でっもっとも多いのが緊張性頭痛で
        頭部の血行が悪くなることで起こります。

         

        頭部や首筋が締め付けられるように
        痛むことが特色で、ストレスの多い人、
        長時間パソコン作業をする人に見られます。
         

        次に多いのが扁頭痛で、収縮した脳の血管が
        炎症を起こし腫れて拡張することが原因です。
         

        二次性頭痛を起こす病気には、脳腫瘍、くも膜下出血
        脳出血、脳梗塞など深刻な病気もあります。
         

        ** 改善方法
         

        頭痛持ちの一次性頭痛の場合、蒸しタオルで、
        首や肩の筋肉を緩めたり、ゆったりした入浴や、
        軽いジョギングなどが良いです。
         

        サプリメントは、末梢血管を広げて
        血行を良くするビタミンE、脳内の血流をよくする
        レシチンがおすすめです。
         

        扁頭痛の場合は、血液循環を良くするマグネシューム
        能のエネルギー代謝の欠かせないビタミンB2などが
        予防に効果があります。
         

        症状 : 物忘れが多い
         

        記憶力や思考力が低下して、日常生活に支障をきたす
        状態を認知症と言います。
         

        記憶力は年齢と共に低下しますが、日時や場所が
        分からなくなったり、食事をしたこと自体
        忘れてしまうのは認知症です。
         

        認知症にはいくつかのタイプがあり、最も多いのが
        アルツハイマー型認知症です。
         

        ** 認知症のタイプは次の4種類です


        この症状要因によって、
        認知症は4つの種類に分けられます。
         

        1つはアルツハイマー型、
         

        2つ目が脳血管型、
         

        3つ目はレビー小体型、
         

        4つ目が前頭側頭型。
         

        このうちのアルツハイマー型は全体の
        60パーセントを占めるとも言われており、
        特に女性に多いと言われているものです。
         

        原因はアミロイドβペプチド、
        タウタンパク質などの異常なたんぱく質が
        脳に蓄積して、神経細胞の働きが
        低下することが原因です。
         

        ** 改善方法
         

        認知症を改善する、効果的な治療法はまだありません。

        予防や認知症の前段階(軽度認知症)で、
        早期発見することが大事です。
         

        糖尿病や、高血圧、脂質異常症の人は発症確率が
        2倍であるため、これらの生活習慣病を
        改善することが効果的です。
         

        健康食品、サプリメントでも効果のあるものがあります。

        認知症の予防、改善が期待される食品成分は
        クルクミンです。
         

        クルクミンは細胞レベルでアミロイドβペプチドを
        取り除く作用があるという報告があります。
         

        そして、認知症の原因となる、動脈硬化や脳梗塞を
        予防する効果がある、ナットウキナーゼ、
        脳の血流を改善するイチョウ葉エキスやレシチン、
        脳機能を高めるDHAなどが有効です。
         

        < ここからおすすめのサプリのリンクです >


        プエラリア不使用のサイズアップサプリ!
        【PuRuRu2】
        ◆セールスポイント◆
        (1)プエラリアを不使用なので安心して飲める!
        2017年夏にプエラリアの安全性についての
        ニュースが流れましたがPuRuRu2(ぷるるぷるる)は
        一切プエラリアを配合しておりません。
        代わりに”エクオール”と”ジオフラボン”という成分を
        配合しております。
        < チェック >
        バストアップサプリ【ぷるるぷるる】
         

        ************************
         

        ** 認知症の病理の説明
         

        認知症に罹患すると陥りやすい
        異常行動が有ります。
         

        これは、思考能力、行動する時の瞬発的な
        能力が減退するなどの原因で
        起きることです。
         

        行動・心理症状とも言われ
        身辺の環境に起因して起こる症状を言います。
         

        認知症には周辺症状をと同じく、
        中核症状と呼ばれるものがあります。
         

        中核症状とは脳の機能の低下により
        引き起こるもので、
        脳の細胞が少しずつ死んでしまうことで
        判断力の低下や物忘れといった症状を指します。

        これは罹患した本人だけに関係する
        事象と言えます。
         

        それと比べ認知症の周辺症状は、
        周りの環境や本人の性格により現れるもので、
        今までの行動と比べ他人に対しての
        言動や行動が変化する場合が多く見られます。
         

        認知症の周辺症状は更に9つに分類が可能です。
         

        その1は不穏や暴力です。
         

        これは従来から平常行っていた
        行動の正常性のを失って、
        周囲の人間へ攻撃的な態度で接してくる症状で
        身の回りの世話をしてくれる人物にまで
        暴力を振るうことがあるため、
        認知症患者の症状の中でも
        最大の問題と言われています。
         

        その2は異食で
         

        本来食べることのできない紙くずや
        植物といったものを食べてしまう症状です。
         

        原因としては視力の低下で物の判別が
        うまくできなくなることや、
        味覚が鈍るためと言われています。
         

        その3は抑うつ状態です。
         

        眠れない、食欲がわかないといった
        症状が代表的で、周りから
        邪魔者扱いされているといった
        うつ病の症状と似たネガティブな
        感情に陥りやすい傾向が出ます。

        その4は徘徊です。
         

        これは耳にすることが多い


        言葉だと思いますが、
        言葉通り自宅や施設から出て
        目的もなくさまよう行動を言います。
         

        周りが理解できなくても本人には
        その行動の目的があると思い込むため
        起こる行動っであり、
        そのまま行方不明になる人も
        多いことが問題となっています。
         

        その5は介護の拒否です。
         

        不穏や暴力と少し似ている部分もありますが、
        こちらは介護しようとしても
        言うことを聞いてくれないと
        いったことです。
         

        これは本人にこだわりや、受け身でされること
        へのストレスがあるため起こると
        考えられており、無理強いしないこと大切です。

        その6は人格変化です。
         

        不穏とも似ており穏やかな性格の人が
        暴力的になったり、無口だった人が急に
        陽気になって笑い出すといった
        症状があげられます。
         

        その7は妄想です。
         

        代表的なものに物を盗られたという
        被害妄想があり、認知症を発症した人の中で
        多くみられる症状です。
         

        その8は幻覚や錯覚です。
         

        脳に異常が現れてきたかのような症状で、
        健常者と比べると妄想を現実と勘違いして
        騒ぎだす場合が多くみられます。
        脳の機能が低下したために起きる症状と
        考えられます。
         

        その9は不眠です。
         

        高齢者によく起きる症状で、
        神経伝達物質の量が減少することで
        起こりやすいといわれています。
         

        周辺症状に対する治療法はいくつかあるので、
        周りと協力して正しく対応していくことが
        大切なことです。
        +++++++++++++++++++++++


        現代の社会的に大問題の病気は認知症です。その病理と効果的なサプリは?

        0

          症状 : 頭痛がつらい そんな人のいろいろ原因と対策

          ** 要因

          頭痛にはうわゆる”頭痛もち”の頭痛で
          特にはっきりした現因がないのに
          繰り返し起きる一次性頭痛と、
          何らかの原因で起こる二次性頭痛があります。

          一次性頭痛でっもっとも多いのが緊張性頭痛で
          頭部の血行が悪くなることで起こります。

           

          頭部や首筋が締め付けられるように
          痛むことが特色で、ストレスの多い人、
          長時間パソコン作業をする人に見られます。
           

          次に多いのが扁頭痛で、収縮した脳の血管が
          炎症を起こし腫れて拡張することが原因です。
           

          二次性頭痛を起こす病気には、脳腫瘍、くも膜下出血
          脳出血、脳梗塞など深刻な病気もあります。
           

          ** 改善方法
           

          頭痛持ちの一次性頭痛の場合、蒸しタオルで、
          首や肩の筋肉を緩めたり、ゆったりした入浴や、
          軽いジョギングなどが良いです。
           

          サプリメントは、末梢血管を広げて
          血行を良くするビタミンE、脳内の血流をよくする
          レシチンがおすすめです。
           

          扁頭痛の場合は、血液循環を良くするマグネシューム
          能のエネルギー代謝の欠かせないビタミンB2などが
          予防に効果があります。
           

          症状 : 物忘れが多い
           

          記憶力や思考力が低下して、日常生活に支障をきたす
          状態を認知症と言います。
           

          記憶力は年齢と共に低下しますが、日時や場所が
          分からなくなったり、食事をしたこと自体
          忘れてしまうのは認知症です。
           

          認知症にはいくつかのタイプがあり、最も多いのが
          アルツハイマー型認知症です。

          ** 認知症のタイプは次の4種類です


          この症状の要因によって、
          認知症は4つの種類に分けられます。
           

          1つはアルツハイマー型、
           

          2つ目が脳血管型、
           

          3つ目はレビー小体型、
           

          4つ目が前頭側頭型。
           

          このうちのアルツハイマー型は全体の
          60パーセントを占めるとも言われており、
          特に女性に多いと言われているものです。
           

          原因はアミロイドβペプチド、
          タウタンパク質などの異常なたんぱく質が
          脳に蓄積して、神経細胞の働きが
          低下することが原因です。
           

          ** 改善方法
           

          認知症を改善する、効果的な治療法はまだありません。

          予防や認知症の前段階(軽度認知症)で、
          早期発見することが大事です。
           

          糖尿病や、高血圧、脂質異常症の人は発症確率が
          2倍であるため、これらの生活習慣病を
          改善することが効果的です。
           

          健康食品、サプリメントでも効果のあるものがあります。

          認知症の予防、改善が期待される食品成分は
          クルクミンです。
           

          クルクミンは細胞レベルでアミロイドβペプチドを
          取り除く作用があるという報告があります。

          そして、認知症の原因となる、動脈硬化や脳梗塞を
          予防する効果がある、ナットウキナーゼ、
          脳の血流を改善するイチョウ葉エキスやレシチン、
          脳機能を高めるDHAなどが有効です。
           

          < ここからおすすめのサプリのリンクです >


          3つのクリアサポート成分を贅沢に配合!
          【プラズマローゲン18000】
          近年の超高齢化社会は深刻な
          問題として取り上げられています。
          毎日大変なのに、親のお世話までとなると
          とても手が回りませんよね。
          【親に飲ませたいサプリメント】
          ひらめくサプリ「プラズマローゲン18000クリルオイルプラス」で
          少しでも楽になるようにサポートいたします!
          < チェック >
          3つのクリアサポート成分を贅沢に配合!【プラズマローゲン18000】
           

          ************************

          ** 認知症の病理の説明
           

          認知症には最も多いアルツハイマー型を
          はじめレビー小体型や
          脳血管性認知症など様々なタイプがあり
          現れてくる症状も多岐にわたります。
           

          具体的には物忘れが
          目立つようになってきたり、
          何度も同じことをくり返して言うなどの
          記憶障害が挙げられます。
           

          その他にも性格が変容したり
          徘徊や暴言・暴力が出現することもあります。
           

          さらにひどくなってくると幻覚・妄想といった
          精神症状をきたす場合もあります。
           

          認知症は進行性をたどるため
          このような症状を早期に発見して
          適切なケアを行っていくことが
          重要となります。
           

          ** 認知症にならないための予防方法 !!
           

          しかしまずは認知症に罹患しないために
          しっかりと予防していかなければなりません。
           

          認知症に罹患する原因の多くが
          日頃の生活習慣が大きく関わっていることが
          わかっています。
           

          そのため食生活では野菜や果物、
          あるいは青魚を積極的に食べることで
          脳の認知機能を正常に維持できます。
           

          また週に3日程度の有酸素運動や
          太陽光をしっかりと浴びることも有効です。

          また単に、日常の生活で買い物、散歩などで、
          外出することも効果があります。
           

          現代の高齢化社会で、社会的なつながりが
          希薄になると、社会的なコミュニケーション
          が減って、機能が低下すると
          発症しやすくなります。
           

          これに対処する方法は、文字を多く読む、
          文字を多く書くことや、
          美術品に触れるなども効果があります。
           

          そしてより多くの人と接触し
          コミュニケーションを盛んにして、
          会話することも認知症予防には
          欠かすことができません。
           

          もちろん禁煙と節酒を心掛けることも必要です。

          近年、テレビの健康維持増進のテーマの
          番組でも放送されていますが、
          最新の治療方法は盛んに研究されています。
           

          それでも認知症に罹患してしまった場合でも
          適切なケアを行うことで症状を
          改善させることが可能です。
           

          ** 具体的な改善のためのメニュー !!
           

          具体的な改善方法としてはコレステロールや
          塩分の高い食事を控えて野菜や
          果物を多く取ることで、果物に含まれる
          ポリフェノールの抗酸化作用により
          認知機能の低下を予防することができます。
           

          また日々の食事で不足しがちな栄養素を
          サプリメントで摂取するのもよいでしょう。
           

          例えば血中コレステロールをコントロールする
          オメガ3脂肪酸や熟睡作用のある
          グリシンを多く含むサプリメントなどは
          とてもおすすめです。
           

          認知症だからといって隔離したり
          ケアを放棄することはますます
          症状を進行させることになってしまいます。
           

          認知症に罹患している本人が
          最も苦しんでいるということを
          十分に理解した上でこれらのケアを行うことで
          認知症の予防や改善を行うことができるため
          あきらめずにぜひ実践してみてください。

          +++++++++++++++++++++++
           

          ** 認知症、およびうつに効果的なサプリメント
           

          ストレスを抱えながら
          生きている人が多い昨今、
          うつの症状に悩まされているという人は
          意外と大勢いるようです。
           

          うつ対策のサプリメントには、
          どんなものがあるでしょう。
           

          病院に行くほどではないけれど
          気持ちが沈むということがあります。
           

          セントジョーンズワートという
          ハーブからつくったサプリメントは、
          うつによいと言われています。
           

          セントジョーンズワートは、
          セイヨウオトギリソウという
          名称もついており、欧州では
          抗うつ剤の成分にも用いられています。
           

          薬となると服用に躊躇してしまう人が
          多いですが、サプリメントだと
          気軽に摂取できるので軽度の症状が
          現れているときには最適です。
           

          金額はだいたい2千円ほどで手に入り、
          ネットショップなどで
          よく見かけることができます。
           

          サプリメントがたくさん販売している
          ドラッグストアなら、
          商品が並んでいることがあります。
           

          もしも、セントジョーンズワートを
          使うことになったら、
          事前に確認しておきたいことが、
          他の薬と併用する場合です。
           

          手軽にカバンの中に忍ばせておくだけで
          安心できるので、なんだかやる気が
          でないときには是非サプリメントを
          うまく使ってみてください。
           

          生活習慣病を放っておけば大変な
          病気になる事も忘れない様にしましょう。
          +++++++++++++++++++++++


          現代の高齢化社会に多い病気は認知症です。アルツハイマーに対する効果的なサプリは?

          0

            症状 : 頭痛がつらい そんな人のいろいろ原因と対策

            ** 要因

            頭痛にはうわゆる”頭痛もち”の頭痛で
            特にはっきりした現因がないのに
            繰り返し起きる一次性頭痛と、
            何らかの原因で起こる二次性頭痛があります。

             

            一次性頭痛でっもっとも多いのが緊張性頭痛で
            頭部の血行が悪くなることで起こります。

             

            頭部や首筋が締め付けられるように
            痛むことが特色で、ストレスの多い人、
            長時間パソコン作業をする人に見られます。
             

            次に多いのが扁頭痛で、収縮した脳の血管が
            炎症を起こし腫れて拡張することが原因です。
             

            二次性頭痛を起こす病気には、脳腫瘍、くも膜下出血
            脳出血、脳梗塞など深刻な病気もあります。
             

            ** 改善方法
             

            頭痛持ちの一次性頭痛の場合、蒸しタオルで、
            首や肩の筋肉を緩めたり、ゆったりした入浴や、
            軽いジョギングなどが良いです。
             

            サプリメントは、末梢血管を広げて
            血行を良くするビタミンE、脳内の血流をよくする
            レシチンがおすすめです。
             

            扁頭痛の場合は、血液循環を良くするマグネシューム
            能のエネルギー代謝の欠かせないビタミンB2などが
            予防に効果があります。
             

            症状 : 物忘れが多い
             

            記憶力や思考力が低下して、日常生活に支障をきたす
            状態を認知症と言います。
             

            記憶力は年齢と共に低下しますが、日時や場所が
            分からなくなったり、食事をしたこと自体
            忘れてしまうのは認知症です。
             

            認知症にはいくつかのタイプがあり、最も多いのが
            アルツハイマー型認知症です。
             

            ** 認知症のタイプは次の4種類です

            この症状の発症する原因によって、
            認知症は4つの種類に分けられます。
             

            1つはアルツハイマー型、
             

            2つ目が脳血管型、
             

            3つ目はレビー小体型、
             

            4つ目が前頭側頭型。
             

            このうちのアルツハイマー型は全体の
            60パーセントを占めるとも言われており、
            特に女性に多いものです。
             

            原因はアミロイドβペプチド、
            タウタンパク質などの異常なたんぱく質が
            脳に蓄積して、神経細胞の働きが
            低下することが原因です。
             

            ** 改善方法
             

            認知症を改善する、効果的な治療法はまだありません。

            予防や認知症の前段階(軽度認知症)で、
            早期発見することが大事です。
             

            糖尿病や、高血圧、脂質異常症の人は発症確率が
            2倍であるため、これらの生活習慣病を
            改善することが効果的です。
             

            健康食品、サプリメントでも効果のあるものがあります。

            認知症の予防、改善が期待される食品成分は
            クルクミンです。
             

            クルクミンは細胞レベルでアミロイドβペプチドを
            取り除く作用があるという報告があります。
             

            そして、認知症の原因となる、動脈硬化や脳梗塞を
            予防する効果がある、ナットウキナーゼ、
            脳の血流を改善するイチョウ葉エキスやレシチン、
            脳機能を高めるDHAなどが有効です。
             

            < ここからおすすめのサプリのリンクです >


            ハピネス マンボウサンQ
            マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!!
            マンボウサンQはマンボウ肝油、
            ビタミンE含有植物油、コエンザイムQ10が入った、
            飲みやすい粒タイプのサプリメントです。
            < チェック >
            マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!サラサラ生活を考えるあなたへ。
             

            ************************

            ** アルツハイマー病と認知症は
                  一般的に同じ病気であるという見方が多く、
                    違いが分かりにくいもの。
             

            今テレビやその他のメディアで話題に上ることが
            多い認知症はアルツハイマーと
            混同されて言われることが多いですね!!
             

            その理由はどちらも「痴呆」が
            症状としてあることが原因でしょう。
             

            しかし実際は明確に異なる用語です。
             

            「認知症」とは、
            「認識、記憶、判断」の力に
            障害が起こることによって、
            社会的に様々な支障をきたしている状態のことで
            すなわち、病状を言います。
             

            一方、「アルツハイマー病」は
            認知症の大きな原因とも言うべきもので、
            脳の一部が老化などに伴って
            変化することによって生じる
            病気自体のことを言います。
             

            ** ここに認知症の病理の説明です

            脳は人間の体や精神の活動の
            司令塔とも言える器官ですが、
            この脳の脳細胞が様々な理由で
            死んでしまったり働きが
            悪くなることによって、
            身体活動や精神活動が
            うまくいかなくなっている状態が
            「認知症」と言われるものです。
             

            認知症にある症状には「中核症状」
            というものがありますが、
            これは脳の神経細胞が破壊される
            ことによって起こるもの。
             

            特に大きな症状として挙げられるのが
            「記憶障害」と言われており、
            記憶することが困難となるため、
            直前の出来事を思い出すことが
            できなくなります。
             

            また、特徴的なものに、
            脳が正常だった頃の記憶の方が
            比較的覚えていることが
            多いということが挙げられますが、
            これも症状の進行と共に
            少しずつ失われていくもの。
             

            その他には見識等障害と言われる
            症状がありますが、
            これは筋道を立てて思考することが
            できなくなることや、
            時間や場所などを
            把握できなくなることなどがあります。
             

            アルツハイマー病は、老化などが原因で
            βアミロイドと呼ばれる
            タンパク質が脳に溜まり、
            それが原因で脳の神経細胞が減少したり、
            「海馬」と呼ばれる記憶を
            司る器官が委縮することが分かっています。
             

            それによる症状もやはり、
            記憶障害や見識障害と
            言われているものですが、
            アルツハイマーに関しては
            原因が分かっているからこそ、
            進行を遅らせる手段があるのも特徴です。
             

            ですから、このアルツハイマーが
            原因となっている認知症であっても、
            症状を進行させないように
            することができるのです。
             

            初期症状として見られるものには
            様々なものがありますが、
            記憶障害や見識障害を疑った場合には、
            できるだけ早めの受診をすることが
            大切でしょう。

            +++++++++++++++++++++++

            ** ここに、認知症に対処する
                     サプリメントについてです
             

            抗老化作用を求めて、サプリメントで
            抗酸化作用のある成分を
            摂取する人は多いようです。
             

            たくさんのサプリメントの中から
            どのように選んだら良いのでしょうか。
             

            体に有害な活性酸素を抑える
            サプリメントとして抗酸化サプリメントは
            注目されています。
             

            アスタキサンチンや、
            コエンザイムQ10などの、
            抗酸化力の強い成分のことを
            見聞きしたことはないでしょうか。
             

            活性酸素を除去することよって
            新陳代謝を活発にして、脳の老化防止
            内臓器官の活性化、肌の若返りを促すなど
            アンチエイジングの効果が高いことで
            非常に人気があります。
             

            たくさんの人が、抗酸化サプリメントを
            利用しています。
             

            一つの成分が酸化防止に
            貢献しているのではなく、
            複数の成分がそれぞれ機能することで
            抗酸化力がよりアップします。
             

            他のサプリメントを合わせて
            摂取するようにしたほうがより
            効果をアップさせることができます。
             

            抗酸化サプリメントを選ぶ場合には、
            栄養機能食品など他の成分と
            一緒に配合されているものを
            選ぶのも良いかもしれません。
             

            最近では、アンチエイジングのための
            抗酸化が流行していることに
            便乗して、質の悪いサプリメントを
            売りつける業者もいます。
             

            しっかりと成分表示を読んで有効成分が
            きちんと含まれているものを
            選ぶことが大切です。
             

            健康にいい生活、食事、運動と共に
            抗酸化サプリメントを使うことで、
            年を取っても脳機能も体も若々しく
            維持しましょう。
            +++++++++++++++++++++++


            自律神経は、呼吸器や消化器、循環器など体の重要な臓器を制御します。バランスを保つことが大切です。

            0

              自律神経は、呼吸器や消化器、循環器など
              私たちの体に欠かせない働きを
              調整するのに不可欠なものであり、
              休むことなく働き続けている神経です。

               

              主に日中に活発になる交感神経と、
              夜間に活発となる副交感神経の
              ふたつがありますが、
              これらのバランスが崩れてしまうと、
              体に様々な不調をもたらすようになります。
               

              自律神経の働きを乱す原因として
              まず挙げられるのは、ストレスです。
               

              仕事の疲れ、人間関係のストレスなど、
              精神的もしくは身体的ストレスが
              過剰になることで自律神経のバランスが
              乱れてしまうことがあります。
               

              また、不規則な生活も良くありません。
              不規則な食生活や睡眠の乱れを
              続けてしまうと、自律神経の乱れに
              繋がることがあります。
               

              そして、このような状態が続いてしまうと、
              メニエール病や自律神経失調症、
              神経性胃炎や過敏性腸症候群、
              過呼吸症候群などといった疾患に
              繋がる恐れもあるため、注意が必要です。
               

              そこで、こういった症状を予防するためにも、
              自律神経を鍛えることが大切となります。
               

              ここでは、その方法について紹介します。
               

              1、適度な運動をすること。
               

              ストレス解消や精神的な充足感を得るためにも、
              適度な運動を行うことは効果的です。
               

              定期的な運動は生活のリズムを
              整えるのにも効果を発揮することから、
              自律神経のバランスを整え、
              様々な症状を予防するのにも役立ちます。
               

              ウォーキングなど日常に取り入れやすい
              簡単なもので十分です。
               

              運動習慣を身につけるようにすることは
              このほかの、生活習慣病などを
              避けるためにも良いことです。
               

              2、朝日を浴びること。
               

              生活習慣の乱れを正すのに、
              朝日を浴びることは効果的とされています。
               

              狂ってしまった体内時計を
              修正することができるためです。
               

              朝日を肌に感じることで体温や
              血圧が上昇するため、
              体が活発になり活動モードに
              切り替えることができます。
               

              また、朝日を浴びてからおよそ
              14時間後くらいに眠気が
              来るような体のリズムになっているため、
              規則正しい生活を送るのに効果的です。
               

              3、腹式呼吸を心がけること。
               

              腹式呼吸によって、自律神経を
              コントロールすることができます。
               

              この働きを応用したものに、
              うつ状態を回避するため、
              瞑想をする時間を毎日10分摂ることが
              良いと言われます。
               

              この時意識は呼吸だけに集中します。

              一般的に、息を吸うことは動く
              神経である交感神経の働きであり、
              息を吐くことは休む神経である
              副交感神経の働きとなります。
               

              そのため、呼吸を整えることで
              意識的にリラックスすることができるのです。
               

              全身の力を抜くようにしながら
              腹式呼吸を繰り返すことで
              リラックス状態を作り出し、
              自律神経を整えるようにしてみると
              良いでしょう。
               

              < ここからおすすめのサプリメントのリンクです >

               チェック >
              耳鳴り・めまいに効く漢方薬 【静命漢方堂】
              耳鳴り・めまいが自宅で治療できる漢方薬。
              精神的ストレスや耳の内側、神経過敏による
              耳鳴り・めまいを治療する漢方薬です。
              耳なりに効く漢方薬「静命漢方」

              ************************

              ** ここから自律神経のバランスの異常で
                   起こる障害の一つ耳鳴りについて説明します。
               

              耳鳴りは加齢による老化やストレス、
              血流が悪いなどが原因でおこる場合があります。
               

              耳鳴りの要因が、加齢や、精神的なストレス、
              血行不良などの場合は、
              サプリメントが効果を発揮します。
               

              もしも、耳鳴りが起きている理由が、
              血液の流れが悪くなっていることにあるなら、
              天然素材で対策を講じることができます。
               

              耳鳴りを軽減させたい時には、赤ブドウの葉、
              オリーブの葉、当帰葉等からの
              抽出成分が有効です。
               

              赤ブドウに含まれているポリフェノールは
              老化に効果がある成分として有名です。
               

              オリーブの葉も、サプリメントでは
              よく登場する植物です。加齢で体が
              老いないように働きかけてくれるという成分です。
               

              当帰葉は血流をよくする効果が
              期待できる成分が含まれおり、
              多くの人に利用されています。
               

              蜂の子サプリメントにも、ビタミンや
              亜鉛などの栄養が豊富に含有されているため、
              耳鳴りに有効だと言われています。
               

              病院で処方された薬を飲みながら、
              サプリメントを飲むこともできます。
               

              サプリメントは薬ではないので、
              食品と見なして摂取することができます。
               

              どういった栄養素が必要かを検討した上で、
              飲むべきサプリメントを選ぶようにしてください。

              ************************

              ** ここから自律神経なバランスを整える東洋医学的な方法
                       ツボの効能を生かした方法を説明します。
               

              内臓の動きや血液の流れ、
              血圧、酸素や栄養を体全体に行き渡らせること、
              老廃物の排出などは意思ではなく
              自律神経がコントロールしています。
               

              そして自律神経は交感神経と
              副交感神経の二つがあり、
              興奮したり緊張したりする状態を交感神経、
              落ち着いている、リラックスした状態を
              副交感神経と呼び、この全く正反対の二つの働きが
              バランスを取ることで心身の安定に繋がるのです。
               

              しかしストレスや内分泌疾患などにより
              このバランスが乱れると、
              多くの人が悩む心身の不調を
              引き起こしてしまいます。
               

              リラックスしているはずなのに動悸や発汗、
              めまい、吐き気、耳鳴りなどの症状が現れると、
              それは自律神経失調症である可能性もあります。

              自律神経を整えるために
              一番大切なのは休養です。
               

              原因となるストレスをなくす必要があるため、
              環境を変えることはとても重要です。
               

              仕事が原因である場合は
              簡単に休むことは出来ないという人が
              ほとんどだと思いますが、
              しっかりと休息しなければ悪化する一方で
              最悪うつ病を発症してしまう
              可能性もあるのです。
               

              普段からあまりストレスを溜めないよう
              リフレッシュ方法を見つけておくのも
              いいかもしれません。
               

              また自宅で手軽に今すぐできる
              自律神経のバランスを整える
              東洋医学を応用したツボ
              というものもあります。
               

              手のひらのほぼ中央にある「心包区」
              というツボは、緊張状態の心臓と
              交感神経をリラックスさせる
              効果があるとされています。
               

              このツボを押す際のコツとしては、
              息を吐きながら親指で少し強めに
              3秒間押し込むように刺激します。
               

              両手のツボを何回か押すことを
              繰り返すのがより効果的なようです。
               

              手の場合は外出先でも気軽に
              押すことが出来ますが、「心包区」
              は足の裏の中央にもあるため
              自宅でテレビを観ながら
              刺激するのもお勧めです。
               

              指と指の間の甲側にも
              自律神経を整える「指間穴」という
              ツボがあります。
               

              これも手と足の両方ともあり、
              親指と中指のなどで摘むように
              刺激しましょう。
               

              足の親指には頭をスッキリさせる
              効果のあるツボがあるので、
              指先に向かって押し出すように刺激すると
              脳の血流が改善し
              頭の重い感じが軽減されます。

              **********************


              人の意思と無関係に動く自律神経、このバランスを保つ食事習慣、生活習慣が大切です。

              0

                内臓を動かす、血流を良くするなどの
                活動は人の意思と無関係に行われており、
                意識させて動かそうとしても、
                人の体は神経系統の他も、
                総合された機能が統合されて活動するため
                不可能と言えます。

                 

                この機能のために自律神経と言われます。

                内臓が自分の意志で勝手に動かれては
                かえって困ることがあるからです。
                 

                このため、自律神経の機能を使って
                内臓など多くの臓器を動かすしています。
                 

                自律神経は交感神経、副交感神経が
                うまくバランスを取りながら活動しており、
                健康を保つようにします。
                 

                しかし、このパワーバランスが崩れてしまうと
                体中に様々な影響を与えます。
                 

                めまいがする、動悸に襲われる、
                耳鳴りがする、眠れないといったことになり、
                いくら薬を飲んでも
                効果が出ないということもあります。
                 

                こうした場合は自律神経の乱れが起きており、
                それを改善することが大事です。
                 

                自律神経の改善に関して
                3つの対策が存在します。
                 

                まずは食事です。
                 

                バランスのいい食事を心がけることが大切であり、
                ビタミンが豊富な食事を心がけることが重要です。
                 

                自律神経の乱れに悩んでいる人の多くは
                朝食を食べてず、三食を食べていないという人が
                意外と多いため、三食をきちんと食べることも
                大事になってきます。
                 

                次に運動です。
                 

                運動をすることで交感神経を活発に出来ます。
                 

                運動をすると体温が上がり、
                血流もよくなります。夜に向けてだんだんと
                体温が下がり、副交感神経が
                優位に働くようになり、
                それで眠りにつきやすくなります。
                 

                逆に夜に交感神経を活発にさせると
                眠くなくなってしまう、
                もしくは負担をかける形で
                寝ることになるため、寝付けなくなります。
                 

                最後にマッサージです。
                 

                普段仕事の後など、筋肉が緊張している状態は
                リラックスとはほど遠く、
                交感神経が常に優位にある状態となっています。
                 

                その時点でバランスが崩れており、
                体や神経の歪みにつながり、
                体全体が酸素不足になるような状態に
                なっています。
                 

                この状態は、仕事の緊張から活性酸素が
                大量に発生して体が酸化され、
                老廃物が蓄積された状態です。
                 

                特に肩から首のあたりに自律神経が
                集注しているため、首の周りをマッサージしてほぐし、
                自律神経を整えていくことが可能です。
                 

                お風呂に入るときも10分―15分首までつかり、
                血行を良くして体全体の筋肉や内臓の
                緊張を緩めてリラックスすることが良い方法です。
                 

                自律神経の乱れを改善するには、
                食生活の乱れの改善だけではなく、
                日ごろの生活習慣の見直しも
                必要になっていきます。
                 

                睡眠時間もできる限り一定の時間を同じ時間帯に取り、
                お酒などに頼らないで睡眠に入れるようにして、
                食事も一定の時間に必要量を食べ、
                毎日適度な運動をすることを続ければ、
                自然の生活リズムができて、自律神経の乱れは
                改善され、めまいや動悸、耳鳴りといった
                体全体の不調も解消され、
                毎日を元気に暮らしていくことが
                できるようになります。
                 

                < ここにおすすめのサプリメントのリンクです >

                生漢煎 苓桂朮甘湯めまい、
                耳鳴りに効く! 
                ー第2類医薬品【生漢煎 苓桂朮甘湯】
                ○「生漢煎 苓桂朮甘湯」(りょうけいじゅつかんとう)は,
                4種類の生薬を配合した体内の水滞に働きかけて
                めまいや耳鳴りを改善する漢方薬です。
                ○耳鳴りやめまい以外にも立ちくらみ
                、頭痛、動悸、息切れ、神経症、神経過敏にも効きます。
                ○天然由来の生薬を使用するため、
                副作用が少なく、体のバランスを整えます。
                < チェック 

                 

                ************************

                ** 自律神経のバランスが崩れると
                         生ずる体の不調の一つが不眠です。
                 

                どうしても眠れない、なかなか寝付けない、
                そんな日が誰にでもあります。

                眠りが浅い時に使えるものに、
                メラトニンを摂取できるサプリメントがあります。
                 

                人間の体の中に存在するメラトニンとは
                ホルモン成分の一つで、
                眠りに誘う働きを担っている成分です。
                 

                メラトニンはどういった作用を
                人の体に対してしているのでしょうか。
                 

                メラトニンが作用すると血圧や体温が下がり、
                脈拍が少なくなりますので、
                人の体は眠りにつきやすくなります。
                 

                目覚めた時には、朝日をしっかり体に浴びて
                1日をスタートさせて、
                規則正しい生活リズムを送ることにより、
                メラトニンの分泌量が調整されます。
                 

                忙しい現代の人は、仕事の都合などで
                生活リズムが乱れがちで、
                朝日を浴びることもなかなか
                出来ない人も少なくありません。
                 

                太陽の光を朝のうちに受ける時間が
                日によって一定しないという場合は、
                メラトニンも規則正しく
                分泌されなくなってしまうことがあるようです。
                 

                体内にメラトニンがつくられないため、
                うまく眠れないという方もいるようです。
                 

                ティーンエイジャー以下の子供は
                睡眠時間が長めですが、
                それは、メラトニンの働きが活発な時期に
                相当するという人もいます。
                 

                ぐっすり眠れることと、
                メラトニンの分泌は重要な関わりがありますので、
                よく眠れない時はメラトニンサプリメントを
                使ってみてください。

                眠れなくて辛い時には、
                助っ人として役に立つメラトニンの
                サプリメントとして使ってみてはいかがでしょうか。
                +++++++++++++++++++
                 

                ** 自律神経のバランスが崩れると
                         生ずる体の不調の一つが耳鳴りです。
                 

                絶えず耳鳴りが続いてるような状態になると、
                日々の生活に対しても問題が
                起きるようになります。
                 

                気になる耳鳴りを解消するために、
                解消に効果がある成分をサプリメントによって
                摂取している人もいます。
                 

                耳鳴りが起きてしまう原因が分からず、
                どうすれば日常生活に支障がある耳鳴りを
                解消できるのか悩んでいる人も
                少なくないようです。
                 

                たくさんの人が困っているという耳鳴りは、
                なぜ起きるのでしょう。

                突発性難聴は、細菌やウイルスが
                原因となって起きる症状です。
                 

                このほかに老人性難聴があり、これは老化現象の
                一つとして起きるものであり、原因は全く異なります。
                 

                中には、継続的な強いストレスを受けたために
                耳鳴りがするようになったという人もいて、
                何が原であったかは、人によってまちまちです。
                 

                また、頭の中でキーンという音がして、
                頭痛が消えないという場合は、
                何らかの疾患が起きていることが
                ありますので、病院の診察を受けることが必要です。
                 

                耳鳴りで悩んでいる人の多くが利用している
                サプリメントとしは、蜂の子やイチョウの葉、
                ニンニクの成分が配合された商品です。
                 

                このようなサプリメントを日頃から
                摂取することで、耳鳴り対策にしている
                という人は多いようです。
                 

                もう一つの原因に自律神経の乱れが、
                耳鳴りにつながっていることがあります。
                 

                交感神経と、副交感神経がスムーズに
                機能を果たせるように、
                神経の働きを整えるサプリメントが使われます。
                 

                サプリメントは食品と
                同じカテゴリに分類されており、
                医薬品のような即効性は期待できません。
                 

                サプリメントは、体質を健康に
                近づけるために使うものといえます。
                +++++++++++++++++++


                自律神経のバランスの崩れと因果関係がある体の不調、不眠、疲れに対するサプリメント。

                0

                  自律神経が乱れることで
                  ホルモンバランスの崩れや
                  血行不良を引き起こし、
                  それによって健康を
                  大きく害してしまう恐れがあります。

                  そのため自律神経を整えるために
                  規則的な生活を心がけることが大切であり、
                  特に食事の方法に気を配ることが
                  重要なポイントです。

                   

                  朝食をしっかりと食べることは
                  リラックス作用を生み出す副交感神経を
                  優位にすることができます。
                   

                  アクセルの作用を持つ交感神経が
                  活発な状態が続くと
                  精神にも負担になりますので、
                  朝食の時間を確保して精神的にも
                  余裕のある時間を作ることが大切なのです。
                   

                  ** 食事に気をつける対処方法

                  決まった時間に必要量の食事を摂ることで、
                  肝臓の働きを良くすることができ、
                  多くの血液が全身を巡るようになります。
                   

                  このように血流が良くなるのも大事な理由です。

                  体を目覚めさせるという意味でも
                  大事な時間ですし、
                  朝食を欠かしてしまうことで
                  自ら不健康な体にしていると言えます。
                   

                  食事内容も自律神経に大きく関係していますので、
                  積極的に摂取した方が良い食材が食物繊維です。
                   

                  食物繊維が良い理由は
                  腸の働きを良くする作用が優れているからです。
                   

                  そして腸の中をゆっくりと進むのも特徴であり、
                  食べ物が腸の中を進んでいる時というのは
                  副交感神経が活発になっています。

                  つまり長く副交感神経を
                  活発にすることができる栄養素であり、
                  自律神経を整えるためにも
                  欠かせないと言えるでしょう。
                   

                  なお、食物繊維には水溶性と
                  非水溶性があり、どちらでも良い
                  というわけでもありません。
                   

                  自律神経対策として適しているのは
                  水溶性食物繊維であり、
                  粘性がありゆっくりと移動しますので
                  緩やかに腸に作用させられ
                  負担も少ないのです。
                   

                  水溶性食物繊維を含む食べ物としては
                  果物をはじめ、キャベツ、わかめ、オクラ、
                  めかぶ、こんにゃくなどが挙げられます。
                   

                  発酵食品も自律神経を整える
                  作用に期待ができます。
                   

                  人体に欠かすことができない酵素が
                  豊富に含まれているのが特徴であり、
                  酵素には様々な働きがあります。
                   

                  代表的な発酵食品としては、
                  味噌やヨーグルト、キムチ、
                  漬物、乳酸菌などが挙げられます。
                   

                  自律神経を整えるには朝食を
                  きちんと食べるようにしつつ、
                  こうした食材を意識的に
                  取り入れるようにすることが大切です。
                   

                  < ここにおすすめのサプリメントのリンクです >

                  親子100組の声から生まれた「mitete キッズサプリ」
                  ◆セールスポイント
                  ◆エーエフシーのキッズサプリは、
                  100組以上の親子の声から生まれたサプリメントです。
                  こどもを想う親の意見や研究を重ねた結果たどりついたのは
                  「カルシウム」「DHA」「乳酸菌」+お客様の声(野菜・鉄)!
                  お子様の栄養バランスに大切な成分を
                  ふんだんに盛り込んだサプリメントです。
                  < チェック 
                  親子100組の声から生まれた【キッズサプリ】
                   

                  ************************
                  ここに自律神経のバランスの乱れで生じる
                           体の異常についてまとめ、説明します。
                   

                  症状 : ストレスを強く感じる
                   

                  ストレスは適度であれば、生活に緊張を与えて
                  張りがでるというプラス面もあります。
                   

                  しかし、それが苦痛に感じる要因は
                  過度なストレスであるからで体中に
                  色々な不調を引き起こします。
                   

                  そして免疫力が低下して、風邪などの
                  感染症にかかり易くなり、
                  自律神経のバランスが崩れて、不眠、イライラ、
                  うつ状態、生活習慣病の原因などになります。
                   

                  その時、ストレスの原因は、過労や睡眠不測、
                  人間関係や、仕事上の悩みなどいろいろです。
                   

                  また、結婚や、出産、昇進といった
                  うれしい出来事である場合もあります。
                   

                  ** ストレスを感じる時の対策 
                   
                  まずはストレスの原因を取り除く、
                  十分な栄養と、休息を摂ることです。
                   

                  私たちの体は、ストレスを感じると防御態勢に入り、
                  アドレナリンを放出する時、大量のビタミンCを
                  消費します。
                   

                  このため ビタミンCを意識して摂る必要があります。
                  そして、神経の興奮を鎮め、安定させるビタミンB群や、
                  カルシューム、マグネシュームなどを摂ります。
                   

                  脳の機能をサポートする、DHA、レシチン、
                  イチョウ葉エキス、ホスファチジルセリンなどが
                  有効です。
                   

                  気がめいった時、落ち込みが激しいとき、
                  抗うつ剤と同様の働きを持つハーブの
                  セント・ジョンーズ・ワートを試すことも
                  良いでしょう。
                  ++++++++++++++++++++
                   

                  症状 : 眠れない
                   

                  不規則な生活で生体リズムが乱れることが
                  大きい原因です。
                   

                  日本人の睡眠時間は年々減少傾向にあり、
                  そして4−5人に一人は睡眠に関して悩みを持っています。
                   

                  その悩みの内容は、寝つきが悪い、途中で目が覚める、
                  朝早く目が覚める、ぐっすり眠った気がしないなどです。
                   

                  不眠の原因は、不安やストレス、うつ病などの
                  精神疾患、時差ボケ、などあります。
                   

                  不規則な生活で生体リズムが乱れることが大きな要因です。
                   

                  ** 対応方法 
                   

                  これは不規則な生活を改め、
                  サプリメントでは、セロトニンなど神経伝達物質の
                  生成にかかわり、リラックス効果がある、ビタミンB6
                  やマグネシューム、ハーブではバレリアンなどが有効です。
                   

                  またよく言われることですが、人の体内時計が
                  不調になっているので、夜更かしを避けて、朝に朝日を浴びる、
                  ことで体内時計を正常に戻すことです。
                  ++++++++++++++++++++
                   

                  症状 : 疲れやすい
                   

                  大量の活性酸素が体にダメージを与え疲労を引き起こす。

                  多くの疲れは自律神経の乱れが原因で起こります。
                   

                  自律神経は体温や血圧、内蔵の働き、
                  血液の循環などをコントロールしています。
                   

                  そのリズムが崩れると疲労が作り出されます。
                   

                  自律神経のリズムを崩すもの、更に体に直接ダメージを
                  与えり物は、活性酸素です。
                   

                  活性酸素は、ストレスや、不規則な生活、
                  偏った食生活、紫外線などで、
                  大量に発生して疲労を作り出します。
                   

                  疲れがたまったまま放置すると自律神経の乱れが
                  改善されず、体調不良が続く未病の状態になってしまします。

                  そして、免疫システムにもダメージを与えるので、
                  様々な病気の原因になります。
                   

                  ** 改善するためには
                   

                  疲労をためないためには、生活リズムを整えることが
                  一番の対策です。
                   

                  また日常こまめに体を動かしているとFRという
                  疲労回復物質の分泌が多くなっています。
                   

                  この理由で、体調が良いときは
                  体を動かすことが有効です。
                   

                  サプリメントでおすすめは、活性酸素の除去効果がある
                  ビタミンA,C,Dや、抗酸化力が強いアスタキサンチン、
                  リコピンなどのポリフェノールの摂取が有効です。
                   

                  死して、ビタミンB1や、コエンザイムQ10は
                  体内でエネルギー生成効率をたかめて、
                  疲労回復を早めます。
                   

                  そして、イミドペプチドは、疲労の
                  予防と回復に有効と言われています。

                  ************************
                   

                  ** ここから日常の食生活でうまく必要な栄養素が
                          取れない場合のサプリメントでの
                               対応方法を説明します。
                   

                  忙しくて休みも取れず、
                  体の疲労を取る暇もないような人は、
                  サプリメントを使うといいでしょう。
                   

                  しかしこの高価なサプリメントの
                  効果的な摂取方法とはどのようなものなのでしょうか。
                   

                  効果があると言われているサプリメントを
                  飲んでも容易にその効果を
                  実感出来ない、という人もいます。
                   

                  サプリメントを使うからには直したい
                  症状があるわけですが、
                  その症状に効能があるものを適切な方法で
                  摂取しなければなりません。
                   

                  疲労回復に効果のあるサプリメントの
                  組み合わせ方は2種類あります。
                   

                  1つ目は、カプセルやドリンクのサプリメントで、
                  疲労回復に効果があるビタミンB1を
                  たくさん摂る方法です。
                   

                  そして2つ目は、ビタミンB1に滋養強壮に効く
                  サプリメントを加える方法です。
                   

                  実際のサプリメントの価格を見てみましょう。
                  滋養強壮効果のあるサプリメントを
                  ビタミンB1がいっしょにされている
                  サプリメントの方が高価です。
                   

                  疲労回復を促すサプリメントには、
                  ビタミンB1が配合されている場合が
                  ほとんどで、性質は水に溶けやすく
                  体内に蓄積されないのが特徴です。
                   

                  体が使わなかった分については、
                  そんなに時間をおかずに体の外に排出されます。
                   

                  疲労回復のためにビタミンB1を
                  摂取する時に重要なのは
                  体内に長く存在するようにすることです。
                   

                  疲労回復を期待するのであれば、
                  自分にあったやり方で、
                  しかもサプリメントの効果が
                  高まるように利用することが肝要です。

                  ************************


                  自律神経のバランスと密接な因果関係、異常な発汗、ストレスを感じるなどです。

                  0

                    自律神経が汗をかくことと密接に関係があると
                    近年分かってきました。

                    自律神経は心拍や呼吸、消化のように
                    人間が自分の意思で
                    動かすことができない部分の
                    神経を管理している神経です。

                     

                    自律神経は起きている時や
                    興奮している状態の時に働く交感神経と、
                    眠っていたりリラックスしている時に
                    働く副交感神経から成り立ち、
                    お互いにどちらかが働いている時には
                    どちらかが休息している
                    という形で背反的に働きます。
                     

                    通常はこの二つの神経がお互いに
                    バランスをとることで自律神経が
                    整い健康に過ごすことができますが、
                    バランスが崩れしまうと、
                    色々な体の不調を起こします。
                     

                    これには、大気汚染、花粉、騒音、化学物質の
                    シックネス物質など近年の環境が
                    影響していることもあります。
                     

                    このように環境や生活リズムの乱れなどに
                    加えて現代社会はストレスが多く、
                    この自律神経のバランスがうまく
                    取れない状態に陥っている人も
                    少なくありません。
                     

                    そういった乱れは自律神経失調症と
                    診断を受けることもあります。
                     

                    そして汗かきもその症状の一つです。

                    汗をかくというのは緊張や不安、
                    ストレスといった刺激を受けて
                    交感神経が働くことによって起こっています。
                     

                    通常であれば副交感神経が働き
                    リラックスモードに入ることが出来、
                    汗も治まるのですが、
                    いったんバランスが乱れてしまうと
                    交感神経ばかりが活発になってしまいます。
                     

                    暑いわけではないのに汗が
                    尋常ではないくらいでてきたり、
                    緊張すると汗が大量で
                    出てしまったりすると、
                    自分でコントロールすることはできません。
                     

                    身近な対処方法は、タウリンや
                    大豆イソフラボンといった栄養素が、
                    自律神経の乱れを整える効果があるため、
                    食生活の中に取り入れることがお勧めです。
                     

                    食生活や生活習慣の改善と並行して
                    医療機関に相談して、ビタミンやホルモン剤、
                    漢方や精神安定剤など直接神経に働きかてて
                    安定促す薬を処方してもらうことも必要です。
                    ++++++++++++++++++++
                     

                    < ここからおすすめサプリメントのリンクです >


                    スムージーより低糖質、プロテインより低カロリー
                    【カフェテイン】
                    ◆セールスポイント
                    ◆『カフェテイン』は管理栄養士とカラダのスペシャリストが開発した
                    飲むだけで簡単にボディメイクができるダイエットサポート飲料!
                    カフェインで代謝アップ、プロテインで筋力維持をするので
                    同時に効率的にボディメイクが期待できます!
                    < チェック >
                    スムージーより低糖質、プロテインより低カロリー【カフェテイン】
                    +++++++++++++++++++++++
                     

                    ************************
                    ここに自律神経のバランスの乱れより生じる
                       一般的な症状をまとめ、説明します。

                     

                    症状 : ストレスを感じる
                     

                    ストレスは適度であれば、生活に緊張を与えて
                    張りがでるというプラス面もあります。
                     

                    しかし、それが苦痛に感じる要因は
                    過度なストレスであるからで体中に
                    色々な不調を引き起こします。
                     

                    そして免疫力が低下して、風邪などの
                    感染症にかかり易くなり、
                    自律神経のバランスが崩れて、不眠、イライラ、
                    うつ状態、生活習慣病の原因などになります。
                     

                    その時、ストレスの原因は、過労や睡眠不測、
                    人間関係や、仕事上の悩みなどいろいろです。

                    また、結婚や、出産、昇進といった

                    うれしい出来事である場合もあります。
                     

                    ** ストレスを感じる時の対策 
                     
                    まずはストレスの原因を取り除く、
                    十分な栄養と、休息を摂ることです。
                     

                    私たちの体は、ストレスを感じると防御態勢に入り、
                    アドレナリンを放出する時、大量のビタミンCを
                    消費します。
                     

                    このため ビタミンCを意識して摂る必要があります。

                    そして、神経の興奮を鎮め、安定させるビタミンB群や、
                    カルシューム、マグネシュームなどを摂ります。
                     

                    脳の機能をサポートする、DHA、レシチン、
                    イチョウ葉エキス、ホスファチジルセリンなどが
                    有効です。
                     

                    気がめいった時、落ち込みが激しいとき、
                    抗うつ剤と同様の働きを持つハーブの
                    セント・ジョンーズ・ワートを試すことも
                    良いでしょう。
                    ++++++++++++++++++++
                     

                    症状 : 眠れない
                     

                    不規則な生活で生体リズムが乱れることが
                    大きい原因です。
                     

                    日本人の睡眠時間は年々減少傾向にあり、
                    そして4−5人に一人は睡眠に関して悩みを持っています。
                     

                    その悩みの内容は、寝つきが悪い、途中で目が覚める、
                    朝早く目が覚める、ぐっすり眠った気がしないなどです。
                     

                    不眠の原因は、不安やストレス、うつ病などの
                    精神疾患、時差ボケ、などあります。
                     

                    不規則な生活で生体リズムが乱れることが大きな要因です。
                     

                    ** 対応方法 
                     

                    これは不規則な生活を改め、
                    サプリメントでは、セロトニンなど神経伝達物質の
                    生成にかかわり、リラックス効果がある、ビタミンB6
                    やマグネシューム、ハーブではバレリアンなどが有効です。
                     

                    またよく言われることですが、人の体内時計が
                    不調になっているので、夜更かしを避けて、朝朝日を浴びる、
                    ことで体内時計を正常に戻すことです。
                    ++++++++++++++++++++
                     

                    症状 : 疲れやすい
                     

                    大量の活性酸素が体にダメージを与え疲労を引き起こす。

                    多くの疲れは自律神経の乱れが原因で起こります。
                     

                    自律神経は体温や血圧、内蔵の働き、
                    血液の循環などをコントロールしています。
                     

                    そのリズムが崩れると疲労が作り出されます。
                     

                    自律神経のリズムを崩すもの、更に体に直接ダメージを
                    与えり物は、活性酸素です。
                     

                    活性酸素は、ストレスや、不規則な生活、
                    偏った食生活、紫外線などで、
                    大量に発生して疲労を作り出します。
                     

                    疲れがたまったまま放置すると自律神経の乱れが
                    改善されず、体調不良が続く未病の状態になってしまします。
                     

                    そして、免疫システムにもダメージを与えるので、
                    様々な病気の原因になります。
                     

                    ** 改善するためには
                     

                    疲労をためないためには、生活リズムを整えることが
                    一番の対策です。
                     

                    また日常こまめに体を動かしているとFRという
                    疲労回復物質の分泌が多くなっています。
                     

                    この理由で、体調が良いときは
                    体を動かすことが有効です。
                     

                    サプリメントでおすすめは、活性酸素の除去効果がある
                    ビタミンA,C,Dや、抗酸化力が強いアスタキサンチン、
                    リコピンなどのポリフェノールの摂取が有効です。
                     

                    そして、ビタミンB1や、コエンザイムQ10は
                    体内でエネルギー生成効率をたかめて、
                    疲労回復を早めます。
                     

                    そして、イミドペプチドは、疲労の
                    予防と回復に有効と言われています。

                    ************************


                    生活習慣病と言えば「動脈硬化」起こってしまう3つのパターンとは!?

                    0

                      動脈は、心臓から全身に、
                      血液を送る働きを担っています。

                      そして、その血液の中には、
                      酸素や栄養素が含まれています。

                      ですから動脈は、人間の体の中で、
                      最も重要な働きをしているといえます。

                       

                      その動脈という血管は、
                      血液をスムーズに流すために、
                      とても弾力のある内壁をしています。
                       

                      しかし、その弾力のある動脈の内壁に、
                      コルステロールが溜まると、内壁が硬くなります、
                      血管内も狭くなり、血流が悪くなってしまいます。
                       

                      この動脈内の変化を、動脈硬化といいます。
                       

                      ** 動脈硬化とは ?
                       

                      動脈は血液を全身に運ぶ役割を担っています。
                       

                      若い人の動脈はしなやかで弾力性も高いのですが、
                      年齢と共に動脈は固く、もろくなってきます。
                       

                      これが動脈硬化で、40祭を過ぎると
                      ほとんどの人に起こってきます。
                       

                      高血圧、高血糖といった要因が重なると
                      血管内皮細胞が障害に陥り、
                      血管壁が傷つきやすくなります。
                       

                      この時血液中のLDLコレステロールが多いと
                      血管壁の傷に入り込んで塊(プラーク)
                      をつくり、動脈の内壁が狭くなって血流が
                      滞りやすくなり、この塊が敗れると
                      血流がストップして深刻な事態になります。
                       

                      ** ここから動脈硬化のパターンを説明します。
                       

                      動脈硬化になるには、3つのパターンがあります。
                       

                      1つ目は、アテローム硬化です。
                       

                      このアテローム硬化とは、
                      脳や心臓にある太い動脈の中の内壁に、
                      コルステロール等が付着する病気です。
                       

                      そのために、血管の中が狭くなり、血流が悪くなります。

                      2つ目は、細動脈硬化です。
                       

                      これは、脳や腎臓などにある
                      非常に細い動脈が、硬化する病気です。
                       

                      この細動脈硬化には、
                      コルステロール等は関係しません。
                       

                      < ここからはおすすめ商品のリンクです >


                      ハピネス マンボウサンQ
                      マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!!
                      マンボウサンQはマンボウ肝油、
                      ビタミンE含有植物油、コエンザイムQ10が入った、
                      飲みやすい粒タイプのサプリメントです。
                      < チェック >
                      マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!サラサラ生活を考えるあなたへ。
                      +++++++++++++++++++++++


                      3つ目は、中膜硬化です。
                      この中膜硬化は、太い動脈の中膜が、
                      石灰化して硬化します。
                       

                      高血圧や炎症が原因となって、発症する病気です。
                       

                      動脈硬化の中で一番多いのは、この中膜硬化です。
                       

                      動脈硬化を発症したとき、
                      主にその症状が表われるのは、
                      脳と心臓と足の3ヵ所です。
                       

                      脳の症状としては、まず、喋りにくくなります。

                      眩暈や頭痛も起こります。
                       

                      手や足がしびれたり、力が抜けたりします。
                       

                      心臓に表れる症状としては、
                      重い荷物を持って歩くと、すぐに息苦しくなります。
                       

                      また、階段の上り下り程度でも、
                      動悸を感じます。
                       

                      足が冷えやすくなってしまい、
                      ふくらはぎや腿の裏側が痛くなります。
                       

                      ほんの小さな傷でも化膿してしまい、
                      治りにくくなります。
                       

                      この動脈硬化は、体中の様々なところで、
                      生命にかかわる病気を発症させてしまいます。
                       

                      しかし年を経るに従い、血管内の内壁には、
                      少しずつ脂肪等が付着し始めるといわれています。
                       

                      動脈硬化を発症する年齢は、
                      40歳代くらいからといわれていますが、
                      肥満、運動不足、喫煙などにより、
                      その年齢はますます低年齢化しています。
                       

                      動脈硬化を予防するためには、
                      食生活に気を付けること、
                      そして適度な運動を習慣づけることです。
                       

                      1日に2キロから3キロの距離を歩くことが、
                      とても良い動脈硬化の予防になります。
                       

                      ** 動脈硬化を改善、無害化する方法
                       

                      動脈硬化は誰にでも起こりうることです、
                      危険因子となる恋血圧や、血糖値、血中資質の
                      値をコントロールすれば重大な病気に
                      進展するのを防ぐことができます。
                       

                      そのためには生活習慣を改善して、
                      肥満を減量して、すでに異常が見られる人は
                      生活改善に加えて適切な治療を受けて、
                      病気の発症を防ぎます。
                       

                      そのほか、血管を健康に保つサプリメントとして、
                      血液サラサラ効果が高い、不飽和脂肪酸
                      EPAやDHAを摂取すること、
                      活性酸素の害から血管を守るポリフェノール類、
                      余分なコレステロールを吸着して体外に排出する
                      植物繊維を摂ることが有効です。

                      ***********************


                      中性脂肪値、コレステロール値が動脈硬化の指標です。生活習慣の改善で正常値にすることが重要。

                      0

                        ** 血糖値が高いということは ?

                        血糖値とは血液中に含まれる
                        ブドウ糖の濃度のことです。

                        健康な人の体内では、
                        血液中の糖分を細胞に取り込むホルモン
                        インスリンのよって一定に保たれています。

                         

                        ** コレステロール値、中性脂肪値が高めとは ?
                         

                        血液中のコレステロールや、中性脂肪値が
                        多すぎたり、少なすぎたりする状態を、
                        脂質異常症と言います。
                         

                        コレステロールは細胞膜やホルモンの
                        材料として、中性脂肪はエネルギー源
                        として重要です。
                         

                        しかし、慢性的な摂取カロリー過多、
                        動物性脂肪の摂りすぎなどで
                        血液中のLDLコレステロールが
                        血液中に増えすぎると、変性が生じて
                        血管壁に取り込まれやすくなります。
                         
                        そこに運動不足などでHDLコレステロールが
                        少なくなると、血液組織で余った
                        コレステロールを回収して
                        肝臓に運ぶ機能が低下するため、
                        動脈硬化が進みやすくなります。
                         

                        また中性脂肪値が高くても動脈効果が進みます。

                        年齢を重ねるにつれて
                        気になり始めるのが生活習慣病です。
                         

                        糖尿病やメタボリックシンドロームや
                        高血圧や高脂血症や動脈硬化などが
                        それにあたります。
                         

                        < ここからはおすすめ商品のリンクです >
                         

                        DHA&EPAオメガプラス - 株式会社みやび
                        ● 株式会社みやび 「DHA&EPAオメガプラス 」
                        の販売促進プロモーションです
                        ●「鮫肝DHA&EPA」からリニューアルしました
                        みやびでは、不足しがちな栄養成分のDHAやEPA
                        お手軽をはじめオメガ3系脂肪酸を含む亜麻仁油、
                        吸収しやすいクリルオイルを配合。
                        そして。めぐりや、タフネスに、スクワレンを配合。
                        < チェック 
                        みやびのDHA&EPAオメガプラス
                        +++++++++++++++++++++++
                         

                        その中でも最も気をつけなければならないのが
                        動脈硬化です。
                         

                        動脈硬化は、高脂血症と高血圧が
                        組み合わさることで発症のリスクが
                        高くなる血管の疾患です。
                         

                        悪玉コレステロールや中性脂肪の数値や
                        血圧が高いという人は要注意です。
                         

                        症状としては、血管内に血栓ができたり
                        コレステロールや脂質が血管壁に
                        こびりついて血管が狭くなったり
                        しなやかさを失い硬くなったりして
                        血液の流れが悪くなってしまうというものです。
                         

                        症状が進行すれば突然死を招く
                        危険もある重大な病気発症の
                        原因にもなってしまいます。
                         

                        脳梗塞、心筋梗塞、脳出血、
                        狭心症などがそれにあたります。

                        動脈硬化の原因は、生活習慣の乱れにあります。
                         

                        食生活においては、栄養バランスの偏り、
                        塩分の過剰摂取、脂質の過剰摂取、
                        過度なアルコールの摂取、
                        暴飲暴食などが原因となります。
                         

                        コレステロールを低下させるのに
                        有効だといわれているDHAとEPAは、
                        サプリメントとしても
                        最近話題になっています。
                         

                        イワシ、サバ、マグロなどの
                        青魚に多く含まれています。

                        学習力や記憶力の向上、視力低下の予防、
                        アトピー改善などに効果がある物質です。
                         

                        毎日しっかりと摂取するには
                        サプリメントが簡単で良いのですが、
                        日々の食事の中から
                        摂取することもできます。
                         

                        DHAやEPAには動脈硬化を予防し、
                        血栓をできにくくする作用があります。

                        効果的に悪玉コレステロールを減らせる
                        DHAやEPAは、
                        血液をさらさらにすることが
                        できるのがメリットです。
                         

                        コレステロールには2種類あり、
                        善玉と悪玉があります。
                         

                        悪玉コレステロールが増えすぎると
                        血管の壁に付着しやすくなり、
                        動脈硬化などを引き起こします。
                         

                        DHAやEPAの持つ様々な
                        健康効果が明らかになったことで、
                        最近では多くの会社がサプリメントを製造し、
                        販売しています。
                         

                        魚や肉に含まれる脂肪には様々な種類があり、
                        体内での働きには微妙な差違があります。
                         

                        油の多い魚は、コレステロールを
                        増加させなないように、
                        あまり食べない方が
                        良いと思っている人がいるようです。
                         

                        コレステロール改善をするには、
                        DPAやEPAを含むリノール酸を
                        サプリメントなどで毎日摂るように心がけましょう。
                         

                        食べ物での対策の他の重要なことは、
                        水溶性植物繊維を多く摂ることです。
                         

                        水溶性植物繊維にはコレステロールを
                        下げる働きがあります。
                         

                        食べ物の他の生活習慣の改善としては
                        運動不足や睡眠不足や喫煙や肥満などあり、
                        動脈硬化の原因となります。
                         

                        対策としては、生活習慣の改善が
                        必要不可欠です。
                         

                        水分摂取で代謝をアップさせて血流を
                        促進させることも大切ですので、
                        喉が渇いていなくても生活の中で
                        水を飲むタイミングを自分で決めて
                        こまめに補給しましょう。
                         

                        適度な運動や良質な睡眠や規則正しい
                        生活リズムや喫煙も心がけましょう。
                         

                        運動は、脂肪燃焼効果がある
                        有酸素運動が良いでしょう。
                         

                        ウォーキングや軽めのジョギングを
                        生活の中に取り入れて代謝アップと
                        肥満予防に努めましょう。
                         

                        動脈硬化の原因と対策をきちんと理解して
                        若々しく健やかな血管を
                        維持していきましょう。

                        ***********************

                         



                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << October 2019 >>

                        運営者情報


                        このブログの運営者は30年以上
                        ハードウエア―関連のソフトを
                        制作したシニア―エンジニア―です。

                        時間に余裕ができたので電子機器関連の
                        設計、製作のいろいろ情報を
                        発信します。

                        お役に立てば幸いです。

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM